再び再出発———友好の架け橋の担い手と誓う

2018年9月11日、台風の影響により関西空港で足止めになっていた354名の中国人訪日観光客と,10名の「特別な」日本の若者大学生一行を乗せた「新鑑真号」が、大阪南港から異例の超満員態勢で上海へと出航した。

これら日本の青年たちは、NPO法人亜細亜新生交流協会主催の第十回鑑真プロジェクト記念事業のイベント参加者メンバーであり、その前日、電通アドギア社、電通コンサルティング社、スカイマーク株式会社、MicroWorld株式会社、杉岡玲子さんなどゲストの方々から、多大なるご支援ご協力を得て、暖かいお励ましの言葉を頂戴できまして、予定通り、結団式を華やかに開催させていただいた。

学生参加者は、関東では上智大学、法政大学、日本大学、亜細亜大学から8名、関西では神戸外大1名、京都大学1名の合計10名となりますが、関西で一泊2日の事前研修を行い、唐招提寺を参拝し、翌日から新鑑真号フェリーに乗船して、洋上セミナーを含めて上海、揚州へと旅立ちます。鑑真和尚の足跡を辿りながら、歴史ミステリーを解明して、中国の若者との直接交流を行う。お互いに偏見や誤解を乗り越えて、アジア共通の価値観を分かち合い、よりよいアジア隣国の関係作りを目指して明るい未来をひらくのが今回の目的である。

今年は、日中友好条約締結40周年記念であり、改革開放政策実施40周年、日中関係にとっても、ようやく6年前にある領土問題をきっかけとする「政冷経冷」の悪循環サイクルからぬけ出せるタイミングとなっている。草の根レベルの相互理解と真正面からの触れ合いと異文化交流が、将来を担う若者にとって貴重な体験をもたらすものだ。

「百聞は、一見にしかず」とは、中国の古典にもよく言われている。両国の大学生が、鑑真和尚の歴史ミステリーを追いかけてその歴史の真相を解明する努力を払い、両国関係の源流をよく振返り、古き良き時代に遡って、今日の難局を打開するためのヒントや手がかりをともに探り出せる取組みをすることで、あらたな未知の世界をきり開かれることは、間違いない。

今回揚州を訪れて、揚州公共外交協会、柳の糸芸術団による主催機関となり、鑑真図書館、揚州職業大学、元素レストラン、新東方日本語学校、大明寺、文峰寺など多数の鑑真ゆかりの受入団体および江蘇省青年友好使者、政治協商会議委員,呉玲先生による全面的なサポート、総合司会進行役とデイレクターをつとめたことに学生たちは、感激を隠せない気持ちとなった。

(ソース:東方ネット)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お問い合わせはコチラから

お問い合わせ