MicroWorld株式会社

メインビジュアル メインビジュアル

voice of employee社員の声

ソリューション部 コンサルタントH.ZM

MicroWorldに入社したきっかけは何ですか?
私は2018年8月にMicroWorldに入社しました。日本の大学院を卒業後KDDIに入社し約2年間働きましたが、その後中国に戻りアクセンチュア中国で働きました。2018年、再び日本に戻って生活したいと考え、大学の先輩であるMicroWorldの杜社長と連絡を取りました。杜社長から『MicroWorldがどのような会社か、どのような経営ビジョンを持っているか』などを詳しく聞くことができ、とても共感を持ち、MicroWorldへ入社することを決意しました。
仕事でやりがいを感じることは何ですか?
MicroWorldはまだスタートアップ会社のため、社員一人一人の責任や役割も多くあります。しかし、それをプレッシャーに感じることよりもチャンスととらえることのできる企業風土があります。未経験の仕事に取り組むとき、ベテラン社員と一緒に参加したり周りからのフォローがあります。仮に失敗したとしてもマイナス評価とするのではなく、それをどう改善していったか・今後にどう生かしていくかを評価していきます。
その中で色々な経験ができ、自分も会社の成長と共にスキルアップしていくことに仕事のやりがいを感じることができます。
これから挑戦してみたい仕事は何ですか?
入社してから、現在まで、プロジェクトマネジメントの仕事を担当しています。もともと、プロジェクトマネジメントに関わる仕事について、私は全くのゼロからやってきました。今後もっとうまく仕事をして、お客さんを成功へ導くことができるように努力したいと思います。それ以外にも、これから挑戦したいことはMicroWorldのコンサル部門を拡大してみたいと考えます。
出勤日の一日、どのように過ごしていますか?
私の勤務時間はとても柔軟で、何時に出社するか・退社するかは特に定まっていません。出勤日には、私はほぼ午前9時半に出社し、WBSとBacklogなどを活用して、プロジェクトのタスクを整理して、アクションポイントを明確にします。その後、事前に設定した会議でチームメンバーに進捗を確認しつつ、課題を洗い出します。会議後、プロジェクトをスムーズに推進するため、明確した課題についての解決策を考え、資料に落とし、解決策をシェアする会議を調整します。残業がない場合、午後6時に退社します。
入社して良かったことは何ですか?
私は入社してから、約一年が経ちました。この一年で、アプリの開発から、プロジェクトの推進・管理まで色々な経験を通して自分の知見を広げることができ、自分も会社の成長とともに成長したと感じました。今後ももっと成長していくと思います。これは私が入社してから、一番良かったことだと思います。